2020年03月14日

弘法にも筆の誤り

ひらめききょうのことわざるんるん

弘法(こうぼう)にも筆(ふで)の誤(あやま)り

・・・どんないみかなー 猫

「能筆な弘法大師(=空海)でさえも書き間違えることがある。」

ということから、

「どんなにその道にすぐれた人でも間違いを犯すことがある。」

という意味だね 犬

・・・じゃ英語では何ていうの 猫

Even Homer sometimes nods.

・・・「詩聖ホーマーでさえ時にはへまをやる。」

あるいは

Even the cleverest man sometimes makes a mistake.

・・・「どんな賢人も間違いを犯すことがある。」 犬

・・・ふ~ん 猫


<重要語句>

Homer ~紀元前8世紀のギリシャの盲目詩人。叙事詩 Iliad の作者といわれる。

nod~(口語→)居眠りする、へまをする

Anybody can make a mistake. ~誰でも失敗はする(=猿も木から落ちる)

時計
posted by z- at 00:00
"弘法にも筆の誤り"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。