2020年04月19日

百里を行く者は九十里を半ばとす

ひらめききょうのことわざるんるん

百里(ひゃくり)を行(ゆ)く者(もの)は九十里(くじゅうり)を

半(なか)ばとす

・・・どんないみかなー猫

これは「戦国策」から出たことばで、

「百里の道を行く者は、九十里まで来てやっと半分まで来たと考えなさい。」

ということから、

「何事も最後の道程で気がゆるみ失敗しやすいから、九分どおり進んだあたり

を半分と心得て最後まで全力を尽くしなさい。」

という教えだね。

なお、「里(り)」は尺貫法の距離の単位で、1里は、およそ3.9Kmだよ犬

・・・じゃ英語では何ていうの猫

There is many a slip between the cup and the lip.

・・・「コップを口に持っていく間にも幾多の失敗・間違いがある。」犬

・・・ふ~ん猫


<重要語句>

many a…~幾多の…、いくつもの…

for many a long year~何年も長い間

slip~滑ること、(不注意による)過失、(ちょっとした)間違い

slip of the tongue~失言、言い間違い、口を滑らすこと

between…~…の間(に)

color between green and yellow~緑と黄の中間色

cup~コップ、茶碗

It's not my cup of tea.~私の好みではない

lip~唇

on everyone's lips~誰もが関心のある

時計




posted by z- at 00:00
"百里を行く者は九十里を半ばとす"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。